サーバ仮想化のメリット・デメリットについて

サーバ仮想化とは一台のサーバを仮想的に分割して複数のサーバにして利用する仕組みの事を言います。
それぞれの仮想サーバにてOSやアプリケーションを実行する事ができ、一台のサーバでありながらそれぞれが独立したサーバのように使用する事ができます。

サーバ仮想化の仕組みはそのメリット、デメリットについて詳しく見ていきましょう。

サーバ仮想化について

業務でシステムへの依存度が高まる中でシステム関連の仕事に従事していなくても、最低限のシステム用語は覚えておく必要があります。

サーバとは本来はコンピュータネットワークで使用されている技術の一つであり、クライアントからの要求に応じて処理を行うシステムの重要な役割を担っている部分です。

業務のほとんどがIT化されて効率性が向上しているのですが、システムにかかる費用が会社の経費を圧迫する事も多く経費削減に取り組む企業も多いのです。

サーバも処理能力を考えると複数台所有していた方がいいのですが、コストがかかります。
そこで一台のサーバを仮想化して複数台実行させるようにする事でサーバの処理能力や機能向上を試みるのです。

サーバ仮想化のメリット

サーバ仮想化のメリットはサーバ運用を効率化できる点です。
複数台のサーバを所有しているとそれぞれのサーバにてその性能を十分に活かせていない事も多いのです。

それを一台に集約して管理する事で、効率よくサーバを活用できるようになるのです。
また、複数台サーバを稼働させているよりもコストも下げられて経費削減効果も得られます。

サーバ仮想化のデメリット

サーバ仮想化にもデメリットはありますのでそれもよく理解をした上で導入を検討するようにしましょう。

デメリットとして挙げられるのがサーバの性能が下がる事もある点です。
今まで複数台所有していたサーバを一つにまとめて仮想化した事によって、容量がいっぱいになってしまったり性能を低下させたりするようなリスクが起こるのです。

サーバ仮想化に関する知識やメリット、デメリットをよく知った上で導入するためにもセミナーを受講するのが有効策になります。