係長の役割と立ち位置や求められるものとは

会社にはいろいろな役職がありますが、働いているスタッフの数が多い、部署の数が多ければ多いほどに役職の数も多くなります。
係長という役職もありますが、それが果たす役割や立ち位置について詳しく見ていきましょう。

係長の役割とは

組織の中にはさまざまな役職がありますが、部長・課長・係長の中では一番下のポジションに位置します。
大きな組織になればなるほどに役職も細分化されていきますが、係長は中でも一般職では行うのが難しい高度な仕事を任せられる役割を担っています。

もちろん役職についている限りは、その下で働く部下のマネジメントも仕事の一環として行いながら、自らも第一線で仕事をすすめていく必要があります。

係長の立ち位置について

係長は役職についていながらも自ら第一線にて仕事をこなす、自分に与えられた目標を達成することが求められます。

難しい仕事をこなす、目標を達成することは一般社員時代に学ぶことができるのですが、係長という役職につくと同時に、部下をマネジメントしてチーム全体の目標を達成することで結果を出さなくてはいけなくなります。

現場の第一線に立ちながら同時に部下を指揮して、個人・チーム両方の目的達成のために努力をしなくてはいけませんし、また実務に関する実質的な責任を負わなくてはいけません。

係長に求められるものとは

係長の職についたら自分の仕事を行うことだけでなく、マネジメントの能力が求められるようになります。

マネジメントの能力は今まで役職についたことがない限り、簡単に身についているものではありませんので、実務を通じて、もしくはマネジメント研修などを受けてそのスキルや知識を磨いていきます。

マネジメントとは具体的に何をしたらいいかわからないと思いますが、特に時間を管理することと、部下の強みを生かすことに重点を置くといいでしょう。

時間と人材を上手くやりくりすることで仕事の効率性をアップさせて、より良い結果を生み出すことにつなげます。