営業マンに必要なもの(スキル)とは

営業は企業にとってお客さんと直接触れ合って売り上げを上げる「企業の顔」と言っても過言ではない職種になります。
一見すると専門的な技術や資格が無くてもできる仕事なので、簡単に思えるかもしれません。
しかし、実は営業マンには必要なスキルがいくつもあります。
では営業マンに必要なスキルとはどのような物なのでしょう。

人を不快にしない第一印象

人の印象は見た目で9割決まるとも言われています。
直接お客さんと対面する営業にとって、印象は話を聞いてくれる大切な入り口になります。
もちろん人それぞれ個性があるので、印象も一概には言えません。
しかし、ヒゲや髪型、服の着こなしなどパッと見で不潔と思われないような姿は必要になります。
これは気を付けている人は自然にできると思いますが、今まで考えていなかった人は注意して鏡などで自分の姿をチェックする必要があります。
それをできるという事が営業マンにとっては入り口にもなる必要スキルと言えるでしょう。

コミュニケーション能力

印象と並ぶくらい必要なスキルが「コミュニケーション能力」になります。
どんなに第一印象が良くても、お客さんと話す事ができなければ営業をする事ができません。
例えば極度の人見知りであれば営業としては向いていないという事になります。
初めて会ったお客さんでもしっかりと話をする事ができるという能力は必要不可欠になります。

物事を的確に分かりやすく伝える能力

営業マンが成績を上げる為には、まずお客さんに自分の販売したい商品を理解してもらう必要があります。
来店型の商売であればお客さんもある程度商品知識は持っていると思います。
しかし、訪問型の商売になるとお客さんは商品知識も商品に対する興味も持っていない事がほとんどです。
自分の商品についての知識はもちろんの事、その商品の魅力や使用方法などをお客様に分かりやすく的確に伝える事が必要になります。
この場合、話が長くなりすぎても分かりにくい為、端的に簡単に分かりやすくという事が重要になります。
このスキルは訓練が必要なスキルではありますが、営業マンとして成績を上げるには必要不可欠になります。

動揺を態度や顔に出さない能力

営業マンとしてお客さんと話していく上で、お客さんから予想していなかった言葉や無理難題を言われる事は良くあります。
そのようなときに怒りや動揺が表情や態度に出てしまったら、お客さんにも伝わってしまいます。
どのようなときでも笑顔で冷静に対応できるというのも営業マンとして必要なスキルです。

相手の気持ちになって考える能力

お客さんと長く付き合い、成績を出し続ける営業マンになるには相手の気持ちを考える事ができるというのが必要です。
お客さんが営業マンに不満を抱く要因として「買うまでは親切だったのに、買ってからは態度が変わった」という事があります。
万が一このような不満を抱かれると、リピーターになってくれる事はありません。
短期であれば良いのですが、長期的に成績を出す為には新規のお客さんだけでは難しくなります。
相手の気持ちになって考えるというのは新規でもリピーターでも当てはまりますが、「お客さんが何を困っているのか」「どのような事を望んでいるのか」という事を考え、出来る限り叶えてあげるという事も必要です。
もちろん会社である以上、利益との兼ね合いも必要になります。
ただ、お客さんの気持ちを考えて、とき上司にも無理を言って要望を聞いてあげる事で大きな仕事につながる場合もあります。
その為にもお客さんの気持ちを考える事ができるというのは必要不可欠になると言えるでしょう。

このように営業マンには必要なスキルがいくつもあります。
どのスキルも訓練によって身に付く物でもあります。
それらを訓練する場所として、営業マン向けのセミナーが開催されているのはご存知ですか?
このようなセミナーを受講する事がスキルを身に付ける近道かもしれません。