不動産投資の押さえておきたいメリット・デメリット

不動産投資とは利益を得るために不動産を購入することを言います。
企業の経営資金として不動産投資をするケースも多く見られます。

不動産投資は株式などの資産運用方法よりも安定性が高いと言われていますが、メリット、デメリットもありますので両方をよく把握した上で不動産投資を始めるようにしましょう。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットはいくつかありますが、中でも安定した収入を得られることが大きな魅力ではないでしょうか。

例えば株式などの投資を行った際は、株価や経済情勢や社会情勢をこまめにチェックして売りや買いのタイミングを見計らう必要があります。
その点不動産投資は一度不動産を購入して借り手が見つかれば、何もしなくても毎月安定した賃料収入を得ることができるのです。

購入する不動産によっては高い利回りが期待できます。
高い利回りが期待できる金融商品はハイリスクハイリターンであることから、失敗したときのリスクも負う覚悟が必要です。
その点需要の高い不動産を持っているだけで、金融商品と同じくらい、もしくはそれ以上の高い利回りが期待できるのです。

節税効果も期待できます。
所有している不動産は資産として計上できるのですが、その資産は減価償却によって毎年行って金額を減価償却費として計上できるのです。
法人の場合、減価償却費の範囲内であればいくらでも減価償却費を計上することが認められているため、節税効果も高いのです。

不動産投資のデメリット

不動産投資にはメリットばかりではなくデメリットもあります。
まずは利益が上手く回収できないリスクも考える必要がある点です。

不動産投資は主に賃料収入によって利益を得るのですが、借り手が長く見つからなければその期間は収入を得ることができなくなってしまいます。
場合によっては賃料を下げるなどして、借り手を探す必要も出てくるでしょう。

賃料を下げることによって、購入当初に見積もっていた利益よりも減少してしまうため、不動産の購入費用を回収するのにも時間がかかるのです。

不動産投資を検討しているなら、不動産投資に関連するセミナーも開催されていますので、
参加してみることをおすすめします。