ISO14001環境マネジメントシステムについて

ISOとは国際規格のことですが、種類によって取得する国際規格が異なります。
ISO14001も規格の一つであり、取得する企業が増えています。

ISO14001とは

ISO14001とは環境マネジメントシステムのことです。
組織が環境に与える影響は少なくはなくその影響を明確にして、悪影響を与えないような解決策を探しだすシステムを作ります。
このISO140001を取得していると、環境保全に力を入れている企業だと世間からみなされます。

ISO14001で重視されるのは結果ではなく過程になります。
目に見える形で環境貢献活動を行うことも重要なのですが、環境に悪影響を与えない仕組みを作ることが重要視されるのです。

ISO14001環境マネジメントシステムの詳細

ISO14001では企業が環境に与える影響を考えることが主な目的ですが、そのやり方について詳しく紹介していきます。

まずは組織の環境に関する考え方や取り組みについて明確にすることから始めます。
それから取りかかるのが、環境調査でそれに伴う管理方法を決める作業です。
組織活動によりどのような影響が環境に与えられているのかを洗い出していきます。
環境への影響ですが、今現在だけでなく将来的に与えうるリスクも想定して、環境に与える影響を詳しく分析していかなくてはなりません。

そして環境調査の結果によりどのような環境汚染や事故が起こりえるのか、その重要度を評価します。
そして特定のリスクに関して管理するルールや取り組みについて具体的に決めていくのです。

運用管理について決めていく

企業が環境に与える重要度、リスクが想定できてその後のルールや取り組みについて決められたら、その後そのルールや取り組みを運用し、管理する方法について決めていきます。

そしてそのルールや取り組みを行うための計画を立てて、それを実行に移すのです。
ルールや取り組みが行われている間は適宜それが適切に行われているのかをチェックすることも必要になります。