【プロジェクトマネジメント】プロジェクトの進め方・まとめ方

組織内では各部署が目標を与えられてその達成のために仕事に励んでいます。
その目標を達成するために必要になってくるのがプロジェクトマネジメントです。

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトを成功させるためには、人材、資金、設備、物資、スケジュールといったさまざまな要素が必要になってきます。

これらを調達すること、上手く管理することでプロジェクトが円滑に進むようになるのですが、このプロジェクト成功に関連する一連の活動のことをプロジェクトマネジメントと呼んでいます。

プロジェクトの進め方について

プロジェクトが成功するかどうかは、プロジェクトマネジメントの手法にかかっていると言っても過言ではありません。

まずはプロジェクト全体の流れを把握することも重要になってきます。
プロジェクトは大きく分けて、「定義」「プラン作成」「実施」「終了」の4段階にわかって進められていきます。

プロジェクトマネジメントを円滑に進めるためにも、各段階において何をするべきなのかをしっかりと把握することで、プロジェクト全体の流れをつかみやすくするのです。

プロジェクトを開始する前に、これからやるべき内容を定義することも大切になってきます。
それはこれから取り組むプロジェクトの存在を明確に示すことと、最終的なゴールは何かを明確にすることによって、プロジェクトにかかわるスタッフのモチベーションが上がる、プロジェクトが進やすくなるからです。

プロジェクトのまとめ方

プロジェクトマネジメントを進めていくに当たり、プロジェクト全体をまとめるリーダーが必要になります。
リーダーはプロジェクトの進捗状況を把握したり、問題が起こったりそれを解決したりと、
プロジェクトが円滑に進むようにサポートするのが主な仕事になります。

プロジェクトマネジメントに関する書籍なども多数出版されていますが、独学で学ぶのは難しい部分も多々あります。
実際にプロジェクトマネジメントに携わった方の話はセミナーなどで聞くことができますので、今後の仕事の参考になるはずです。