コミュニケーションの種類と効果について

コミュニケーションとは相手に自分の意思を伝えること、
相手から相手の意思を受け取ることですが、それにもさまざまな種類があります。
ビジネスの場で使われるコミュニケーションの種類とそれが与える効果について詳しく見ていきましょう。

コミュニケーションの種類について

私たちが日ごろ考えるコミュニケーションの主な方法は、
意思疎通を図りたい相手と面と向かって口頭で伝える言語コミュニケーション手段になります。
ビジネスでは主に面談や会議、重要事項の伝達時にこの方法が選択されます。

遠く離れている場所にいる相手とは電話にてコミュニケーションを取ることもあります。
取引先や別の支店で働くスタッフと連絡を取るときに主に使われるコミュニケーション手段になります。

そして最近増えているのがメールによるコミュニケーションです。
社内、社外にかかわらず連絡事項をメールで共有することが増えてきています。
一度に複数の人に伝達事項がある場合ややり取りを記録に残しておきたいときに主に使われます。

感情や態度、仕草で身振りなど言葉以外で自分の気持ちや情報を伝える非言語コミュニケーションという種類もあります。
それ単体でも使用しますし、言語コミュニケーションと合わせて使用されることもあります。

コミュニケーションが与える効果

コミュニケーションの種類にはいくつかの手段がありますが、それぞれの方法が与える効果とはどのようなものなのでしょうか。

口頭でのコミュニケーションは相手の顔色や声の調子、動きなどもうかがいながら意思疎通を図ることができます。
相手が自分の伝えたいことをどのように受け止めているのかが表情でわかりやすいため、
最も優れたコミュニケーション手段だと言えるのです。

電話でのコミュニケーションは相手と直接会話をすることができますが、
相手の表情を読み取ることが難しいため、相手の本心をうかがいにくいのです。
また、受話器を持って話していると疲れるため集中力が低下しやすくなります。

メールは言葉のみの伝達になりますので相手によっては受け取り方が異なります。
表現の仕方によっては相手に不快な印象を与えかねないのです。
非言語コミュニケーションが加わることで、より情報や気持ちが伝わりやすくなるのです。

コミュニケーションが与える効果や種類に関するセミナも開催されていますので、
より詳しく学びたい方は受講してみることをおすすめします。